View Post

Knight News Challenge: Data

In ニュース by sean

今朝、約900の申請の中から、LocalData, Development Seed (Open Street Maps用のツール),
Pop Up Archive, Open Elections と Census.IRE.org と共に、John S. and James L. Knight Foundation’s Knight News Challenge: Data の受賞者に選ばれたことを喜んでご報告します。

この賞により、SAFECASTが昨年放射線測定で学んだことを継続し、他の環境要因、まずは空気品質に適用するにあたっての支援を受けることになります。
SAFECASTの放射線測定作業は東京をベースに継続していく一方、イニシアティブはCrash Spaceの協力のもと、ロサンゼルスがとります。セーフキャスターのAriel Levi Simonsが、このプロジェクトを推進していきます。

Knight News Challengeは、ニュースや情報におけるブレイクスルーなアイデアに資金提供することで、メディアイノベーションを加速させます。
より詳しい内容は、…

View Post

坪倉正治医師、南相馬で住民の内部被ばくの検査から意外な事実が浮き彫りに

In ニュース by steverife

坪倉先生 & 田中
坪倉先生と筆者、東京大学にて(2012年8月 アズビー・ブラウン撮影)

私は、3.11の福島原発事故の後、猫の目のように変わる情報や、幾多と流れる情報に右往左往し、基準値がわからずにいました。 セーフキャストのボランティアをしていて良かったことには、こうした基準の不明な情報を自分なりにでも判断できる基準をセーフキャストのメンバーやセーフキャストが計測した空間放射線量から教えてもらったことです。 …

View Post

SAFECAST x RADIEX 2012

In ニュース by Pieter

SAFECAST: RADIEX2012 出展とプレゼンに関して

この度、SAFECASTは東京で開催されるRADIEX2012「環境放射能除染・廃棄物処理国際展」に出展します。 RADIEX2012は丸公園(竹橋駅近辺)にある科学技術館で、2012年9月24日~26日の3日間で開催されます。 SAFECAST創立当初からの中心的支援者であるInternational Medcom社と出展スペースを共用します。

固定および移動センサー•プロトタイプを含めSAFECASTが開発した測定器デバイスを見に来てください。SAFECASTのオープンデータ•イニシアチブを一緒に広めましょう!また、9月26日にはSAFECASTとInternational Medcom社がフォーラムでプレゼンテーション、他の出展者とのパネルディスカッションに参加する予定です。(フォーラムのA4セッションの参加は有料。)

他のプレゼンに関しては調整中ですので、スケジュール内容が入り次第、お伝えします。一般入場料は無料ですが、参加には事前申し込みが必要です。RADIEX.jpから登録できます。

詳細情報: http://www.radiex.jp/
開催日時:2012年9月24日(月)~26日(水)3日間
     10:00~17:00

会   場: 東京都千代田区北の丸公園2番1号 科学技術館

アクセス: http://www.radiex.jp/access

RADIEX 2012 事務局
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-3 第1富澤ビル
(株)環境新聞社 事業部 TEL.03-3359-5349 FAX.03-3359-7250…

View Post

“改善された”モニタリングポストで 放射線・線量レベルをごまかす東京電力(TEPCO)

In ニュース by the_STIG

2011年1月のドイツ訪問中、長谷川健一氏(福島県飯舘村住民)は、「2011年3月に飯舘村村長は長谷川氏と京都大学今中教授に対し、彼らが測定した極めて高い放射線レベルについて隠しておくよう要請した」と明かしました。

2012年2月、慶応大学の金子教授がに測定器(サーベイメーター)を携えて飯舘村を訪れた時、モニタリングポスト周辺が一帯の実際の放射線レベルよりもはるかに低い測定値を示すように計画的に除染されていることに気づきました。…

View Post

「bGeigie ステルス」の試作品

In ニュース by sean

一見、Medcom社の別のインスペクターのように見えるかもしれませんが、近づいて見るといくつかの改良がされていることが分かります(リンクを押していただくと内部の写真をご覧いただけます)。bGeigieの心臓部をインスペクターのケース内に移すことで、単一内蔵型測定器としました。インスペクターを従来のbGeigieのように動車の外側に固定することはできませんが(雨に濡れるなどの問題が生じるため)、リュックサックからぶら下げて持ち歩くような使い方には便利です。bGeigieステルスなら従来ほど目立つことなく、ジオタグ付きの放射線測量を記録することができます。最初のバージョンですが、下に示している地図をご覧いただくと分かるように、とても良く作動しています。今週末のオープンハウスでは、誰もが直にディスプレイでご覧いただけます。

測定器内部の写真を御覧ください。

bGeigie Stealth first test

測定器内部の写真を御覧ください。…

View Post

Safecast が渋谷の新事務所に移転。7月7日にオープンハウスします。

In ニュース by sean

セーフキャストの事務所が白金台から渋谷・道玄坂に移転しました。
ロフトワークのビルで、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンとフロアを共有します。同じビルにはMITメディアラボのオフィスもあり、よりインテラクティブな空間となりました。

そこで、新しい事務所を皆さんに紹介するために、7月7日(土曜日)にオープンハウスを開催します。

日時: 7月7日、12時~18時
場所: セーフキャスト・ジャパン
     150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7
     道玄坂ピア10階 イベントスペース
地図
※ 渋谷駅前の交差点から道玄坂を登りきったあたりの左側のビルです。1FがFabcafeというカフェになっています。

当日は、セーフキャストが開発している計器のミニ・デモンストレーションなどもします。 日頃、どんなことをしているのか興味があっても聞けないことなど、直接、関わっているメンバーに聞いてみてください。

12時~18時の間であれば、どの時点でも出入り自由です。

ふるってご参加ください。…

View Post

「市民科学者国際シンポジウム」に参加

In ニュース by steverife

6月23日、24日、福島県の猪苗代で開催された「市民科学者国際シンポジウム」に参加してきました。『福島第一原発事故の影響の究明と今後の対策の確立のための科学的基盤』と題したこのシンポジウムには、国内外の専門家が集まりました。
ちなみに、このシンポの主催団体のひとつである「子どもたちを放射能から守るネットワーク」、「市民放射能測定所」は、セーフキャストにも放射線計測で協力してくださっているグループです。

地元を含む多くの団体が主催・協力して企画・運営したこの会には、福島原発事故から1年以上経ち、事故による放射線の放出が土地、食物、健康にどのように影響を与えるのか、そしてこの間、さまざまな団体や研究機関がどのような研究、活動をしてきたのかを知ることができる、科学者と市民が結集した会でした。

研究者や医師の方にも、不安を抱える福島の人達に寄り添って支援を続ける方がいるのだと知りました。正直言ってこれは嬉しい驚きです。地元の人たちにとっては心強い支えとなるでしょう。
先日、水俣病の患者を当初から診つづけてきた原田正純先生がお亡くなりになりました。一度お会いしたことがあったのですが、常に患者さんの立場の視線を忘れない、とても真摯な笑顔の優しい医師でした。原田先生の存在が水俣病の患者さんたちをどれほど支えたことかと思うのです。福島を支える研究者や医者の方達の中にも原田先生のような方がたくさんいらっしゃるようです。

このシンポは、科学者が発表した研究内容が市民生活の中で生きていくような建設的な情報の共有と発展を目指したものでした。
「放射線の遺伝的影響」(新川詔夫/北海道医療大学・遺伝子学)、「数値モデルを用いた大気経由の放射線物質の輸送・沈着分布の推定」(滝川雅之/独立行政法人海洋研究開発機構)、「福島県民の体内汚染-最新のホールボディカウンター測定から学んだこと-」(早野龍五/東京大学大学院・理学系研究科)のほか、農作物の現状や低線量内部被ばくの危険性など、トピックは多岐にわたりました。
各研究発表から感じたことは、多くの専門家が今回のことに注目しているのはもちろん、現地のことをとても心配しているんんだということでした。

シンポジウム会場の様子
シンポジウム会場の様子

一日の最後は円卓会議といって、各分野の専門家が「朝まで生テレビ」のように円卓に座り、その周りに参加者が座って討論を聞くというスタイルがとられました。
ここで初めて市民側の生の声を聞いたのですが、どれも驚くものばかりでした。福島で現在進行形で起こっているのに世の中に知られていない情報が実に多くあるのです。福島の原発事故後の政府の対応のまずさはすでに露呈されていますが、それ以外にも検査などの対応に問題があることなどは、生の福島の人の声を聞くまでは知りませんでした。

円卓会議の様子
円卓会議の様子

また、学校では校庭での授業時間は1日2時間までと制限されているにもかかわらず、マスクの義務づけはないそうです。甲状腺の検査では、基準値以下でも高い線量が出た子供たちは追加検査が受けられないのだそうです。通常の医療現場では、本人や保護者が希望すれば追加検査が受けられるのは当たり前のことなのですが、福島県では心配する親御さんがどれだけお願いしても、2年半の間は再検査は受けられないようになっているのだとか。その理由は「地域社会に不安を与えるから」。これでは余計に不安になってしまいます。

親御さん達は、日々、自分達が決断した福島に残るという選択肢が果たして子供にとって正しいものだったのだろうか、自分の子供にどんな食べ物を与えたらよいのだろうかと悩んでいるそうです。

ご存知の通り、セーフキャストは放射線計測をする団体です。一貫したデータを集積するといった取り組みを必要とする方は、福島県にはまだまだ絶えないのだと改めて感じました。

このシンポジウムではセーフキャストは登壇はしませんでしたが、会場ではピーター・フランケンとジョー・モロスを中心に、多くの方々にセーフキャストの活動を紹介することができました。

セーフキャストのピーター、ジョー、鷲山さん。猪苗代湖をバックに。
セーフキャストのピーター、ジョー、鷲山さん。猪苗代湖をバックに。

ちなみにこの会議は参加費無料でした。これだけの会議を参加費無料でなされた運営実行陣の努力と気力に脱帽です。どうもありがとうございました。

著者: キキ

追加:猪苗代から西に1時間ほどの会津美里ではセーフキャストのメンバーが廃校となった小学校でbガイギーの制作にあたっています。田んぼに囲まれたのどかで美しいこの土地では、夜になると蛍が飛び、満点の星空を楽しめます。


会津美里にある廃校になった小学校の校庭にあるモニタリングポスト。太陽光で稼動している。
会津美里にある廃校になった小学校の校庭にあるモニタリングポスト。太陽光で稼動している。

View Post

WE ARE ALL RADIOACTIVE (ぼくらはみんな放射能)

In ニュース by sean

http://www.youtube.com/watch?v=CMM0lOMOdks

Safecastの友達である片山理沙とJason Wishnow が、3月11日の地震の後東日本の町を再建しているサーファーのグループに関するいて We Are All Radioactive (ぼくらはみんな放射能)と題したとても格好いいビデオを作っているプロジェクトで働いています。彼らは、まさに今 indiegogo にて資金調達をしています。Safecastはいくつかのエピソードに参加し、私たちは彼らのハイパークリエイティブな仲間が作り上げた成果を見ることができて興奮しています。

日本語翻訳:小川 知秀…

View Post

南相馬市へ放射線データを提供することになりました

In Events, ニュース, 放射線, 測定, 移動測定報告 by Pieter

2月21日に南相馬市の市民生活部環境衛生課を訪問しました。

南相馬市は最近メディアに登場することも多く、放射線測定の要望も高い原発に近い市町村の1つです。市民レベルでも放射線の状況を知りたいとの要求は高いと思われます。

今回はSAFECASTの活動に協力いただける団体から提供を受けた

bGeigieの測定データをWeb上に公開した上でデータを利用いただけるように協力することを申し出て快諾されました。南相馬市のWebページからSAFECASTのページをリンクいただくことになりました。

3月から数週間にわたり、SAFECASTのボランティアでその団体をサポートしながら南相馬市のほぼ全域についてデータを順次公開していきます。

会談の終了後、関係者で記念撮影をさせていただきました。

前列は南相馬市の松本課長中央と課のメンバーの皆様です。後列は訪問したSAFECASTメンバー左側からyukaさん、Robさん、渡邉さん一番右は今回のサポートを担当していただける鷲山さん.

南相馬市市役所で放射線モニターの前にて。今回のアレンジをしていただいた郡山の渡邉さん(右)と西川(筆者)

Reported by Eiji Nishikawa…

View Post

福島製ガイガーカウンター

In ニュース by sean

昨年書いたブログ記事「福島で過ごした日曜日」にて最後の方で私が言及しましたが、車の運転中に誰かのシャツについていたSafecastのロゴを見つけて声をかけてきてくれた郡山市在住の宗像忠夫に私たちは出会いました。その時点では、彼は福島で他の仲間とガイガーカウンターを製造していました。その後、彼が正式にSafecastのボランティアになった後も彼は一生懸命自分のプロジェクトも継続していました。私が日本にちょうどいてそのプロジェクトの結果を見ることができたとき、彼らは2つのモデルを使えるようにしていました。1つはスタンドアロン型だが、もう1つはディスプレイがない代わりにラインアウトがあり、Geigerbotのようなアプリが動くスマートフォンへの接続が必須となっています。これらのデバイスは両方ともにOpen Geigerプロジェクトに基づき、ベータ線やガンマ線の放射線を検知できるRussian Geiger Mueller Tube SBM-20を内蔵しています。私たちは皆このプロジェクトでの開発成果を見ることができて本当に興奮しており、このような物が福島で直接製造されていることはとても素晴らしいことだと感じています。…