View Post

福島市の Safecast ボランティア S. H. さんからの報告

In ニュース by megumi

[ これは福島市にお住まいのボランティアによるゲスト記事です。]

福島市は今現在も低線量の放射能を浴び続けており、多くの人々が不安のなかで生活しています。

福島市では原発事故が起きてからあまりにも無防備な状態が長く続きました。事故発生以来、国や県、市が発表する限られた地点の計測値だけが頼りでした。子供の健康被害を考えた時、まず私は数値の正確さよりも身の回りのいわゆるホットスポットの存在を知ることが先決だと考えていました。すでに私は中国製のガイガーカウンターを所持していましたが、それも事故後 1 ヶ月が過ぎてようやく手に入れたものでした。目に見えない放射能への疑問、不安をある程度解消することができたのはその中国製カウンターのおかげです。

しかし、大まかな線量を知った後は、次第にもう少し正確に計測することの重要性を感じてきました。そんな時にいわき在住の Waterman 氏、友人の Y さんを通じて Safecast の活動を知りました。車を走らせるだけで計測でき、私が通った跡を見れば HP から周辺の値が見れるようになる。画期的だと感じました。私が計測することで市内に暮らす方々の不安の解消に役に立てればと参加しました。皆が自分の置かれた状況を知ること、理解することで次に何をすべきか判断の材料にもなるわけです。

冷たい雨の降っていたその日 Pieter さん、Joe さん、田中(キキ)さんとお会いしました。bGeigie の中に設置してある Inspector (という米国製ガイガーカウンター)の数値は中国製の線量計よりは若干高めでした。ガイガー管が大きく、計測部分の経口が大きく感度も敏感だということ、また γ 、β 、α 線を読むこと等を説明受けました。中国製のガウンターの感度は鈍いことも知りました。しかし、一般の人間がとりあえず手に入れられるものとしてはそれが限界でした。二つのガイガーカウンターの誤差は、0.14 μSv/h だと思っていたところが 0.3 μsv/h だったという具合です。不安だった誤差の懸念が払拭されました。これが 5 倍もの誤差があったとかなら、ショックで寝込んでしまったかもしれません。みなさんは室内で 0.3 μSv 前後というと 高いと感じるかもしれません。しかし、福島は事故当時は最高で 24 μSv/h ありました。今の福島市の同地点は …

View Post

ボランティアに興味をお持ちですか?

In ニュース, 主要記事 by sean

それはとてもうれしいです!Safecast ではボランティアの方にしていただきたいことがたくさんありますし、まだ私達が考えついてもいないこともあると思います。もし手助けしてくださるという場合は、少し時間を割いてこのフォームにご記入をお願いします。こちらからご連絡させていただきます。フォームは英語ですが、日本語ベースでご協力いただける方は、日本語メーリングリストにご参加ください。…

View Post

Safecast の新しいマップ

In センサーネットワーク, ニュース, 放射線 by sean

Safecast では当然のことながら、地図についてよく検討しています。実際、地図は私達の間で最もよく出る話題の一つでしょう。特にたくさんのデータが掲載された、理解しやすい地図について話し合っています。しかし理解しやすい以上に、役に立つものである必要があります。地図が何のデータを示しているかを理解することと、そのデータが何を意味するかを理解することは、まったく別の話です。私達は放射線マッピングについて話すとき、この点に何度も気づかされます。データを取得し地図上に集約することができても、「分かったけれども、それが何を意味するのか?私達は安全なのか?」と聞かれます。これは簡単に答えられる問いではありません。今月上旬に私達はこのことと、放射線がどれだけ怖いもので、地図上に赤いマークがあると見た人がパニックになってしまうといった話し合いをしました。パニックになるのは正しいことなのかもしれません。しかし単に放射線レベルに関するスペクトルを示す場合、一方に緑、他方に赤が使用されるのが一般的です。このような方法は情報を伝えるのに最適な方法ではないかもしれません。そこで私達は考え始めました。

grid放射線は目に見えず、ほとんどの人がその測定値や線量が何を意味するかさえよく知りません。私達はこれらをもっと人々が身近に感じる形で事実関係の中で理解できる方法を考え始めました。例えば天気、特に気温のことを考えてみましょう。あなたと私が昨日の天気がどうだったか知っていたとします。あなたが私に今日の天気はどうかを尋ね、私が今日の方が暑いよと答えた場合、あなたは私が何を意味したかすぐ分かるでしょう。もしこれと同じことを放射線についてもできたらどうでしょう?震災、津波、メルトダウンが起きる前の3月10日、放射線を心配する人はいませんでした。または少なくとも、通常以上のレベルになっていないかを心配する人はいませんでした。このためこの時を基準として、3月10日に比べ放射線レベルが同じまたは低いか、3月10日に比べ放射線レベルが高いかを、示してはどうだろう、と考えました。そしてこれが実際役に立つ情報だということが分かりました。このため私達は、このような情報を示した地図がどのように見えるかを大まかに作成してみました。左上の単純なモデル地図が、この考えを形にしてみた最初のコンセプト図です。ここには実際のデータは反映されておらず、単なるモデルです。白い四角はマッピングされていない部分、緑の四角は私達が測定した結果基準値と同じか低かった部分、黒い四角は測定値が基準値より高かった部分といった具合です。私達はこの数週間、これを実際の地図にしていくにはどうしたらいいかを検討してきました。

safecast私達は今日、この最初のバージョンをトップページに掲載しました。まだ望んでいる機能全てを備えていませんが、最初の一歩です。重要な問題の一つとして、「何を基準値にすべきか?」ということがあります。震災以前のデータがあまりないため、これは難しい問題です。現在のところ、基準値を35CPMとしていますが、これは変更される可能性もあります。私達は、皆さん(ウェブの閲覧者)自身でその基準値を変更することができるようにして、どこに基準値を置くべきかを各自で決められるようにしたいとも考えています。また、各四角についてより多くのデータを閲覧できるように(例えば基準値より高い測定値がいくつ見つかったかなど)したいと考えています。また地図を拡大しそれに合わせた粒度で情報が見られるようにもしたいと考えています。しかしこれが最初のマップであり、この方向性で進めていこうと意気込んでいます。皆さんからのご意見もお待ちしています。

もう一つトップページを見て気づいていただけるかと思うのは、ドライブマップについてのより詳細な説明と、私達の新しい(そして拡大中の)固定センサー(ガイガーカウンター)ネットワークです。これらは放射線レベルの経過を追い、変化を確認するのに非常に役立つことになると思います。…

View Post

Kickstarter 機器の配備を開始

In センサーネットワーク, ニュース by sean

Geiger shipment

私達の Kickstarter プロジェクトをフォローして下さっている皆さんは、日本の現地に 100 台の測定器を配備することが私達の主な目標だということ、またこのプロジェクトに 1,000 ドル以上寄付して下さった方には私達からガイガーカウンターを贈らせていただくことを、もうご存じだと思います。このどちらもが、今日現在すでに開始されていることをお知らせいたします。現地での活動については Safecast.jp をかなり定期的に更新していますので、詳細はそちらをご覧ください。1,000 ドルより少し少なめに寄付して下さった皆様への感謝の粗品についても発送を始めていますので、該当する方は郵便受けを気にしていて下さいね。近いうちに、さらにニュースをお知らせしますので、ご期待下さい。

envelopes

View Post

自転車で多摩川をセーフキャスティング

In ニュース by sean

この記事は Robin Scheibler によるゲスト投稿です。

スティーブと私は日曜( 6 月 5 日)朝 10 時に東京ハッカースペースで落ち合いました。Akiba から受け取った真新しい bGeigie ミニに電池などを手早く取り付けた後、多摩川方面へ自転車を走らせました。私達はまず目黒区を通り、そこでいったん止まり、スティーブが以前住んでいた等々力周辺の子どもの遊び場や学校を測定しました。

私達は続いて多摩川に向かいました。駒井町まで北上し、途中で野川と仙川を測定しました。

駒井町では、ジェフとミホ 、2 人の子どものタイガとジャスミンと落ち合いました。私達はジェフ達の家のバルコニーと近所の公園を測定しました。ここでは低い測定値が計測されました(空中の放射線レベルは 30 CPM で地面は 60 CPM 、つまり空中は毎時 0.1 マイクロシーベルトで地面は最大で毎時 0.2 マイクロシーベルト)。

その後、ジェフとミホの一家と一緒に多摩川へ戻り、他のスティーブの友人と会い、フリスビーやサッカーをして楽しい時間を過ごしました。スティーブはヨガを楽しみました(写真をご覧ください)。

最後に、行きとほぼ同じ道順で目黒区を通り、東京ハッカースペースに戻りました。今回の走行の最終的な地図はここで見ることができます。

View Post

郡山と千葉をセーフキャスティング

In ニュース by sean

先日掲載しましたビデオの中でご覧いただいたかもしれませんが、私達は千葉のホットスポットおよび現地の汚染の一部を調査しました。私達は必要に応じてより詳細な調査ができるよう、SAM 940 放射性同位体識別装置およびガイガーカウンター用のフィルターを所有しています。

調査の結果、水や雨では容易に溶けないと考えられる(未だ洗い流されていないため)薄い放射性物質の層で様々な場所が覆われていることが分かりました。この層は車のタイヤには容易に固着しないと考えられます(郡山を 1 日走行した後も増加が計測されなかったため)。またこの層からはガンマ線のほか高いアルファ線、ベータ線が検出されました。この層は木材、コンクリート、鉄の表面に固着しており、この表面部分で最も強い放射線が出ていました。土壌では、放射性物質は地表 2 ~ 3 cm に浸透した可能性があり、土によるアルファ線の遮断のため、土の表面での計測値は、アスファルトやコンクリート表面の計測値より低い値でした。郡山のいくつかの場所で見たように、表土を数センチ取り除くことにより放射線レベルは 80 %程度下がると考えられます。また、この放射性物質の薄い層は雨により沈着したわけではないと考えられます。というのも、この層が付いているのは露天状態の表面のみだからです。例えば、コンクリートの頂部はこの層で覆われている一方、側面からは検出されませんでした(もし雨によるものならば側面にも固着したと考えられます)。また雨が滴り落ちると考えられる庭のテーブル下のスペースでも検出されませんでした。雨や雪で積もったというよりも、まるで辺りに放射性物質が一瞬浴びせられたような分布の仕方です。木のテーブルをブラシと水でゴシゴシ洗うと、放射性物質は 50 %取り除くことができ、サンドペーパーを使用すると、80 %取り除くことができました(もしくはそれ以上。空気中の放射線レベルと同様の値となったため)。

郡山では、今後計測し続けるための定置測定器も設置しました。一日の作業を撮影した写真をいくつか下に掲載いたします。

View Post

会津をセーフキャスティング

In ニュース by sean

5 月 22 日、Safecast チームメンバーであるヨシノヒロシさんと Pieter Franken は、放射線レベル計測のために bGeigie を携えて会津を走行しました。記録された測定値は全体的に低く、これは地域住民の方にとってはとてもいい知らせです。チームは、この地域で子ども達を守るために結成されたお母さん方で作るボランティアグループのうちの 1 つとお会いしました。私達はKickstarter キャンペーンを通して調達した最初の CRM100 測定器を、会津にあるこれらのグループの 1 つにお渡ししました。このグループは今後定期的に測定値を Safecast にアップロードして下さることになります。現地で撮影した走行と測定値の写真をいくつか下に掲載いたします。

View Post

新しい改良型bGeigie「bGeigie忍者」

In ニュース by sean

最初の bGeigie は、内蔵された放射線測定器をノート PC と GPS 装置に接続し、これらを通してデータをログに記録するよう設計されました。このシステムはうまく機能しましたが、多くの機材を必要としました。東京ハッカースペースにて、Akiba は自社 Freaklabs のために測定器用の基盤設計に取り組んできました。この設計では、GPS が搭載され、SD カードに直接データを保存するため、外付けのノート PC や位置確認装置を必要としません。Pieter がこの基盤を使い、内蔵型で電源内蔵タイプの装置をいくつか製造しました。これを「 bGeigie 忍者」と呼んでいます。組み立て工程の写真をいくつか下に掲載します。

View Post

In ニュース, 放射線 by sean

radiation-map

最近実施された米国と日本の共同調査によると、原子力発電所からの距離に基づく避難は最適な方法ではないことが明らかになりました。この調査では放射性粒子が風に運ばれ北西に広がった可能性が裏付けられ、既に避難が実施された警戒区域を越えて高い値を示しており、逆に警戒区域内でも南西には比較的低い地域があります。最も懸念される驚くべき実態としては、警戒区域外の飯舘村と浪江町の一部において1986年のチェルノブイリ原発事故で避難が実施された地域以上の汚染レベルとなっていることです。これらの調査は実際に地上で測定したのではなく、ヘリコプターと航空機に取り付けられたセンサーを使用して測定した値だということにも注目すべきでしょう。Japan Probe、NHK World、asahi.comにも詳細が掲載されています。

また、Safecastのボランティアが一部訳を加えた報告書内の地図をこちらで見ることができます(PDFファイル)。…

View Post

In ニュース by sean

お気づきの方もおられるかもしれませんが、私達はKickstarter(さまざまなプロジェクトの資金調達を行うためのインターネット上のプラットホーム)を使用してこのプロジェクトの資金集めを行っています。現在Kickstarterのサイト上で資金調達プロジェクトが進行中で、スムーズに進んでいるのですが、まだ完全に資金が集まっておらず、残り時間も少なくなってきました。資金的貢献をお願いするのはとても心苦しいのですが、皆様からのご支援があるととても助かります。少額ずつの支援一つ一つによりこのプロジェクトの実現に近づくことができます。Kickstarterは、「全額かゼロか」という仕組みになっています。つまり最初に設定した資金調達の目標額を完全に達成しなければ、私達は一銭も受け取ることができません。私達の目標額は33,000ドルで、現在のところ156人の方から17,470ドルを約束いただいています。これは目標額の半分以上ですが、あと11日で残りの15,530ドルを調達する必要があります。目標額に達さない場合、私達は1ドルも受け取ることができません。

もちろん目標額の33,000ドルを超えてもいいのですが、まずこの目標額を達成する必要があるのです。

昨日、福島への初走行についての記事を掲載しましたが、これはまさに私達が行おうとしている活動と集めた資金がどのように使われるかを示したいい事例です。集められた資金により私達は100台のガイガーカウンターをこの地域の方々に配布し、また私達自身でも無数の測定値を計測することができるはずです。これは、あったとしてもどの程度の放射線に自分達がさらされているか全く分からないこれら地域の方たちの状況を変えるのに、大いに役立ちます。私達の今後数カ月の目標は、避難地域周辺の学校の状況についてです。これらの学校がどのような状況か知ることは重要です。これらの学校に通うお子さんの家族は、それを知る権利があります。

寄付をお願いするだけではなく、私達からも寄付いただいた方にすばらしい特典があります。Kickstarterでは、プロジェクト運営者から寄付いただいた方に対し一定の「見返り」を提供することが許されています。私達もいろいろな特典を用意しました。25ドルを寄付いただいた方には、私達のサイト上で公開しお礼の言葉を贈らせていただきます。1,000ドル寄付いただいた方には現地で使用するガイガーカウンターにお名前を載せさせていただき、さらにご自分用のガイガーカウンターを贈らせていただきます。25ドルから1,000ドルの間にもさまざまな選択肢を用意しています。もう一つ最近追加した特典として(これについては私自身もかなりわくわくしているのですが)、最も多額の寄付をしていただいた10人の方に、番号付けされた限定版(10台)の手製のiGeigieを贈呈いたします。iGeigieはこのプロジェクトの創設者の一人Pieter Frankenが開発したiPhone対応のガイガーカウンターです。私達はこのキャンペーンのためだけに特別な10台限定のiGeigieを作製し、これをゲットするためにはこのプロジェクトに寄付する以外に方法はありません。これはまさにコレクターズアイテムですし、持つ人が持てばとてもクールなアイテムになるのではないでしょうか。

これは決まり文句に聞こえるかもしれませんが、本当にどれくらいの寄付でも助かりますし、寄付いただいた資金は適切に使われます。もし寄付いただけなくても、このことを他の人に伝えていただけるととてもうれしいです。寄付のお願いをしてしまって申し訳ありません。この記事を読んでいただきありがとうございます。また、皆さんのサポートに感謝いたします。[リンク:Kickstartersサイト上のSafecastプロジェクト] …

View Post

In ニュース by sean

本日『THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2011 Spring』にて、RDTNの共同創設者であるAaron Huslageが、伊藤 穰一氏、村井 純氏、Ray Ozzie氏、Dan Sythe氏と共に、放射線検知およびRDTNチームの取り組みについて説明しました。発表の途中(このビデオクリップの0:29あたり)で、本州でマグニチュード5.8の地震が発生し、会場となっていたビルでは非常に強い揺れが感じられました。もちろん計画していたわけではありませんが、ディスカッションの内容を考えるとタイミングが合っていたともいえます。全員無事で、Aaronは完全に気を取り直し発表に戻りました。[ビデオ撮影:Akiba] …

View Post

Tokyo These Days

In ニュース by joel

Editor’s Note: Joel M. holds a Ph.D. in Biology and currently resides in Tokyo, Japan. He has volunteered his time and insights to the RDTN.org blog.

Right now things are quiet but fine.

We are not having many rolling blackouts …

View Post

In ニュース by david

当サイトを立ち上げた時点から、私達は当サイトについてより長期的な意見交換が必要だと考えてきました。私達はこのブログを通して、当サイトの背景、これらデータの意味、当サイトの今後について多少なりとも明らかしていく予定です。これらの情報に対する貴重な分析を提供できるよう、原子力専門家の寄稿によるコラムも掲載していきます。

初めに、当サイトの背景について少し説明します。

日本における計り知れない惨事が明らかになるのを目の当たりにし、私達は、何が起きたのかを人々が理解し対処するために、信頼性のあるデータが非常に重要な役割を果たすと考えました。

当サイトおよびその背景にある意図は、「懸念」に基づいています。この1週間、世界は放射能に関する様々なレポートで溢れかえりました。複数の政府機関が福島第一原子力発電所内およびその周辺における放射能レベルについて相反するレポートを発表しました。

私達は、明確で信頼性のあるデータを提供することにより、日本で必要とされている決定的に重要な救援活動に関係者が集中することが可能となるのではないかと考え、当サイトを立ち上げました。当サイトは、公的な情報に代わるものではなく、またそのように考えられるべきでもありません。当サイトは、情報を補完することを目的に複数のデータフィードを提供するものです。

私達は、信頼性のある新規情報源を探しこれらを統合するため、昼夜なしに作業してきました。ありがたいことに現在のところ、日本で活動する方々が放射能レベルの増加を心配することなく復旧作業に集中できる程度のレベルに抑えられているようです。状況が変化すれば、当サイトのデータもその変化を反映することになります。

土曜日の当サイト開始以来、当サイトへの思慮深い批評と共に支持の声が殺到しました。私達はこのどちらにも感謝しています。また、このサイトのデータ、機能性、信頼性を高める方法について開かれた意見交換を歓迎いたします。

意見交換を開始するため、すでに浮かび上がってきたテーマをいくつか取り上げたいと思います。

クラウドソーシング

当サイトについて広く伝えて下さった個人や報道機関の皆様に心から感謝いたします。一方で、次の点を強調したいと思います。私達は、これらが細心の注意を払うべきデータであることを理解しており、そのように扱っています。メディアでは「クラウドソーシング」はまさに話題の言葉ですが、これは選別されていないデータが取り込まれ事実として表示されることを意味します。

データの信頼性を確保するため、私達は疑わしい数値を判別できるようフラグ(旗)が表示されるシステムを導入する予定です。

データの信頼性

疑う余地もなく、これは非常に重要な課題です。私達もこのことを承知しており、当サイトが示す放射能レベルが信頼できるものとなるよう努力しています。当サイトの開始以来、私達は支援を申し出て下さるいくつかの組織および個人を紹介していただき、またこれらの重要な数字に意味を持たせるため原子力専門家との協力関係を築いています。

私達は、知識のある個人が基礎濃度(正常な濃度)の判明している設定地域において使用する、適切に較正された放射線モニターといった、必要とされる機材が限られていることを理解しています。

私達はこれらの問題を理解しており、なるべく効率的に解決を図るため専門家と密に連携しながら活動しています。その間にも、私達は新規のデータフィードを提供すべく、日本および日本国外の組織と密接に協力して活動してきました。

マッピング

これらデータのマッピングについて、いくつかの提案がありました。私達は、長期間における平均値、異なるデータストリームに対するフィルター、ヒートマップ(色付けで分布を示した地図)、日本国外の地域に関するデータを含む、新しいバージョンの地図を間もなく公開できればと考えています。これらの特性を持つ地図公開についてスケジュールは決められていませんが、今後の予定に含まれています。

データ

私達は、当サイト外でのデータの使用を数箇所から要請されています。しかし上記の問題から、サイト外でのデータ使用のためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を導入する前に、信頼性のあるデータを提供できるよう取り組んでいるところです。

とはいえ、当サイトでは誰もが入手できるデータフィードの提供も予定しています。

財政面

なぜ私達がこのような取り組みをしているのか何度か尋ねられました。簡単に説明しますと、私達はどのような方法であれ可能な限り力添えしたいと考える5人の個人(および私達の会社外部のいくつかのパートナー)です。この思いは、非常に短期間で実現につながりました。私達はこれらの取り組みを無償で行っています。

当サイト上のリンクにより得られる利益は全て日本の慈善団体に寄付されます。私達は当社がこの取り組みをより持続可能なものにするための方法を積極的に検討していますが、このプロジェクトによる金銭的利益は得ておらず、そのような意図もありません。私達は各自個人的に関係組織への寄付をさせていただきました。また、皆様にも今回の危機で被害に遭われた方々に対し、できる限りの助力を提供されるようお勧めいたします。

私達はこのブログを通し、急速に変化し続ける危機に関する意見交換を継続していきます。これにはゲストの寄稿によるブログ記事も含みます。また当サイトに関するご意見、データ、改善方法、そして最も重要なこととして、支援方法について、皆様からのご連絡をお待ちしています。…