COVID-19に関するベストプラクティス

In ニュース, 論説 by sean, azby

202033Sean Bonner &Azby Brown

COVID-19コロナウイルスの世界的な広がりとその反応を観察すると、ちょっとしたデジャヴを感じずにはいられません。
セーフキャストが20113月に始まって以来、私たちは信頼、危機コミュニケーション、一般の認識、そして信頼できる情報の不足に脅かされて、自分達の手で問題に取り組み始めたときに何が起こるかについて、重要な経験と洞察を蓄積してきました。 その学習の一部は、今日の状況において役立てることができます。
すべての人にとって相互に有益な結果に向けた努力により、私たちは我々自身の経験からいくつかの高いレベルのベストプラクティスを共有しています。
(注意:ウイルス学や疫学ではなく、コミュニティと環境モニタリングに関する専門知識です。この記事の最後に、信頼できる専門家と情報源のリストを集めました。)

政府へのアドバイス

  • 透明性の重要性. 今日、人々を誤解させることが、明日の有益には結びつきません。逆に、正直は、狂ったように将来に報いることができるでしょう。

  • 安全第一。短期的な政治的利益のために、有権者の長期的な健康を危険にさらさないでください。人々が病気にならないようにすることは、党派的な問題であってはなりません。

  • 信頼は再生可能なリソースではない。今はもう1920年代ではありません。
    人々は信頼できる多くの情報源を持っています。もし彼らがあなたを信頼できると感じないなら、彼らは単に他の場所を見て、振り返らなくなるでしょう。

  • 効果的なメッセージングの重要性。熟練した最高の危機管理者を頻繁に公式の場で話させることです。もし政治家がメディアに出演する必要が場合、専門家以外は懸念の簡潔な表現に限定されるべきであり、その後、すぐに専門家に説明の役割を託すべきです。専門家が、政治家が言ったことをすぐに修正したり、矛盾したりするような状況に置かれないようするべきです。

  • 旅行の禁止、検疫、および学校の​​閉鎖は、非常に破壊的な手段
    影響と停止するタイミングを決定する難しさを熟考ことなく制定すべきではありません。これらの実施の特定の条件および旅行禁止またはその他の閉鎖を終了することは、説明される前に事前に国民に対して、慎重に明示されるべきです。

メディアへのアドバイス

  • 確認されていないスクープの公開を急ぐ衝動を抑えてください。 誤情報ははるかに速く広がり、事後の修正を行っても情報は残ってしまいます。

  • すべての主張には事実をチェックし、情報元を公開してください。 科学者や機関を名前で引用し、「匿名の政府関係者」といった表現を避けてください。

  • サイトが有料の場合、この状況に関連する記事の無償化を検討してください。 私たちは人々が仕事に対してお金を払う必要があることを理解していますが、全人口の健康に影響を与える可能性のある情報を、それを買う余裕のある人だけに制限することは良い方針ではありません。

 

国民へのアドバイス

  • 頻繁に、そして正しく手を洗ってください

  • 物理的な接触は、感染の主要な経路であることに注意してください。
    握手する際はよく注意してください。

  • 道具を共有したり、共同のコップを使って飲んだりしないでください。

  • フェイスマスクはあまり効果的ではありません。しかし、日本などの一部の国では、彼らは貴重な社会的シグナル伝達機能を果たしており、個人がリスクを認識しており、予防策を講じ、他の人のことを配慮していることを示しています。

  • ただし、3/11直後のガイガーカウンターの世界的な需要は、本当に必要とする日本の人々が十分に利用できないことを意味したのと同じように、フェイスマスクでの現在の需要が、医療従事者や病気の人に対しての不足をもたらしかねません。

  • 推奨事項は場所によって異なります。グローバルな状況に追従することも大事ですが、地域の状況を理解することははるかに重要です。地域および地域のCDC /医療に関する発表、アドバイス、状況報告書に従ってください。

  • お住まいの地域の現在の状況に関係なく、ある時点で必要または推奨される場合に備え、二週間、自宅にいる準備をしてください。

2011年の出来事と2020年の現在の出来事には類似点があります。
未知のものを恐れることは珍しくなく、放射線とウイルスは一般的な不安を高める目に見えない脅威です。一般の国民は、それらと接触したかどうかを自分で判断する方法がほとんどないため、政府やメディアのレポートだけでなく、専門家、測定、テスト機器に頼らなければなりません。
危機後の最初の数日とその後の数週間の政府の振る舞いは、国民が今後、政府が発表する内容を信頼するかどうかを決定します。
もし信頼がおけないとすると、人々は代わりに、オンラインの噂に説明を求めてしまうでしょう。
2011
年、日本政府は、放射線の拡散についてタイムリーで信頼できる情報を国民に提供しませんでした。メディアは、発表者に説明責任を負わせることや、情報源を確認し、最も必要な時に有益な情報を提供することに失敗しました。
信頼は初動時に失われ、9年後の今でも回復していません。COVID-19に関しても同じパターンが散見されています。
政府は事態を処理する準備が不十分であり、公式声明はあいまいで、矛盾し、誤解を招く恐れがあります。国民が知る必要のある重要な情報は、日常的に省略されているか、場合によっては事後に削除されています。危機に関する適切なコミュニケーションができていたとしても、レベルの高い簡単な情報を提供できないと事態は悪化します。

多くの政府が現在、健康上の懸念に対する有効な公共の支援よりも、自身の政治的リスクの最小化を優先しているというのが私たちの評価です。
これは誰にとっても悪いことです。

この情報の空白と、人々が感じる無力感/放棄感のために、噂が広まっています。
噂は、ウイルス自体とその健康への影響だけでなく、旅行、ライフライン、ビジネス、および適切な予防措置を講じる能力への影響に関するものでもあります。
日本では、専門家はほとんど役に立たないと言っていますが、フェイスマスクはここ数週間、手に入らず、手の消毒剤もどこでも売り切れです。
また、トイレットペーパーの無意味な買いだめもありましたが、現在ではヨーロッパや北米にも広がっています。
一部の国では、海外からの旅行者が検疫を受ける必要がありますか?
それは大きな影響を伴う明白な可能性であり、信頼できる政府の広報担当者であれば、そのような措置がいつ、なぜ、そしてどのくらいの期間行われるのかを数週間前に説明できたはずです。しかし、明確な情報は提供されていません。
2011
年のように、信頼できる情報が不足しているため、広く流通している陰謀説が高速に広がってしまいます。

2011年の福島の出来事と私たちが見ているもう1つの類似点は、影響を受けた住民への非難です。
アジアではこれが反中国感情の急増につながり、海外では一般化された反アジア人種差別の増加として現れました。 福島は深刻な風評に苦しみ、そこで生産された商品の長期市場を損ない、大規模なCOVID-19の発生を経験している世界中の地域が、今後数か月および数年で同様の被害を受けることが予想されます。
電車内で咳をした人が触れたり、路上でフェイスマスクを購入する列に割り込んだりして生じたいくつかの対立が広く流布されているのを見てきました。
これは、誤った情報を与えられた人々の直接的な結果であり、誤った情報が未確認で拡散され続けるのを放置した場合、他の地域の人達への予告編と見なされるべきです。

最も責任ある政府は、さまざまな破壊的な決定が行われる方法と理由、および影響を最小限に抑えるために講じられている措置について、すでに市民に説明しています。 残念ながら、日本と米国を含む多くの国はそうではありません。 これらの国々は国民を広くテストしておらず、今後、各国のテストプログラムが増加するにつれて、検出される症例の数は確実に増加し、場合によっては驚くべき結果になるでしょう。 肯定的な点の1つは、今のところ子どもたちはそれほど影響を受けていないようであり、実際、発症した大人の約80%が軽度であったことです。 私たちのほとんどにとって、ウイルスの蔓延がもたらす不便な事象は、ウイルス自体よりもはるかに悪いものです。 一方、高齢者や特定の健康上の問題を抱えている人々は、ウイルスによる最も深刻な影響を受け、これまでの死亡者のほとんどを占めています。
予防策は、最も脆弱な人々の保護に焦点を当てるべきです。

 

有効な参考情報:

状況は急速に変化しており、このような情報を継続的に処理することは大変でストレスが多いこともありますが、できるだけ最新の状態に保つことが重要です。

(当投稿は、必要に応じて更新されます。)

(翻訳: 吉山 潔)

Authors

About the Author

sean