SAFECAST CONFERENCE IN FUKUSHIMA SCC2017

In ニュース by Rob OudendijkLeave a Comment

SAFECAST CONFERENCE IN FUKUSHIMA SCC2017

3・11から約7年が経過し、福島原発の廃炉にはあと40年の歳月を要すると言われおてりますが、その先の50年後、2111年の福島はどのような姿となっているのでしょうか。
今回は『スーパープレゼンテーション ~環境、IOT、オープンデータ。市民科学が開く22世紀の福島』と題したシンポジウムを開催いたします。
ゲストとして元Microsoft CSAのレイ・オジー氏、ソラコムの玉川社長をお招きし「100年後の福島」の姿について議論を重ねます。是非ご参加ください!
お申し込みは以下のURLから。

http://fuku100.org/

About the Author

Rob Oudendijk

CEO of YR-DESIGN  
Twitter

Leave a Comment