In ニュース, マップ by sean

A massive update to the iOS app just went live in the app store. If you don’t have it already you can download it here. In addition to the full Safecast database, there are new map layers showing natural background (and subtractions) as well as interpolations.

Combined with your iPhone’s GPS this continues to function as the best (only?) virtual geiger counter available. It’s free, so please consider downloading it now.
Full update notes after the jump.

マップ
=====================
– スピードと柔軟性機能を持つ新しいマップエンジン、
– ズーム時のよりスムーズな画像表示
– カスタム·マップ·レイヤーのサポート(設定で有効にできる)
– ユーザーの位置のオン/オフ

新しい地図データレイヤ
=====================
– 日本の自然放射線バックグラウンド
– Safecast背景差分
– NOAAのグローバルな光(夜景非放射性物質)

地図データの更新
=====================
– Safecastデータの更新
– SafecastとNNSA補間は現在、データ層にあり、正確にその値が表示される。

地図情報ツール
=====================
– 地図上の任意のポイントの数値と緯度/経度を表示するためのカーソル使用が可能。

地図HUD
======================
– 地図で自分の位置を追跡している場合、最至近の位置を指すよう自動的に決定され、距離と値で表示される。

ガイガーカウンター
======================
– デバイス選択リスト:Safecast / IMIのオニキス、インスペクター、および他のいくつかのモデルに最適なパラメータを設定。
– 無駄時間補償を追加
– オプション44.1
kHzのサンプルレートを追加。これにより、ユーザーはライン入力ケーブルでデバイスを接続可能。カウントレートは、1%未満の誤差でこのモードを使用して350K CPM(カウント・パー・ミニット)までテストされている。

シンチレーションカウンター
======================
– カスタム遅延設定を無視したバグを修正(以前は10が常用)

追加情報
======================
– 新しい日本の自然背景放射線は、北米向けの既存NURE層に似ている。これは地上と宇宙放射線の組み合わせとなる。
– 地上放射線は天然に存在するウラン、トリウム、カリウム地質鉱床からのもの。
– 宇宙線とは、宇宙から注がれるミュー粒子である。
– 自然放射線レベルは様々であるため、これはあくまでも目安である。