新しく秩父にセーフキャスターが加わりました

In ニュース, 測定 by naozumi


このたび、セーフキャストに新しく、秩父の方々が加わりました。
(左から立野さん、関根さん、野口さん)

秩父は山に囲まれたとても美しいところです。冬の間は雪をかぶった山々が連なっています。個人的にはちょっと長野を思わせられるとても素敵なところです。

しかし、秩父の山々にも3.11後の福島原発事故で多くのセシウムが降りそそいだそうです。その実態を早く把握したいと、セーフキャストに連絡が入りました。秩父はまだセーフキャストが計測をしていない領域です。

彼らは『放射能からみんなの健康といのちをまもる秩父の会』の方々です。定年退職した先生らが集まって、食品の測定もしています。食品測定器はアドフューテック社のATOMTEX。1台160万円もするこの機械はドネーションで購入し、食品測定を希望する人には、1検体1000円で受け付けています。1検体にかかる検査時間は約30分、放射能測定濃度7ベクレル(キロ)以上が計測できます。

昨年7月にこの機械を導入して以来、同会で測定し、測定値の高かったものは、ニュースレターで紹介されています。
http://www.saitama-np.co.jp/news10/24/02.html

ちなみに、これまでに多いのは、シイタケ、キノコ類です。チェルノブイリでもそうですが、特に野生のキノコ類は高く出ています。

同会の計測値の一例を挙げると

生シイタケ秩父市内2012年12月209.5 ベクレル/kg
野生キノコ(タマゴダケ)横瀬町2012年10月367 ベクレル/kg
野生キノコ(一本シメジ)秩父市内2012年10月223 ベクレル/kg
野生キノコ(赤モミタケ)両神村2012年10月219 ベクレル/kg

 

また、同会では、家屋など建物の雨どいの土も計測しています。雨どいの中の土には大変高く、最高で11万9700ベクレル(1キロ当たり)が測定されています。

秩父方面では、鹿や猪など、野生動物の肉を食する習慣もあるようです。数値はシイタケやキノコほど高くはありませんが、野生の動物も汚染されていることが数値からわかります。


食品測定ができる「みんなの測定所」

同会は、講演会や学集会など、集めた情報を地元の人達と共有したり、近隣の団体と提携して活動を行うなど、放射線情報について積極的に発信しています。

秩父のメンバーは定年退職した先生を中心に運営されています。理系の先生方だけに、放射線の知識は十分お持ちです。

これから、セーフキャストの地図に秩父方面のデータがどんどん反映されていくことでしょう。

セーフキャスト・ボランティア
キキ