View Post

自転車で多摩川をセーフキャスティング

In ニュース by sean

この記事は Robin Scheibler によるゲスト投稿です。

スティーブと私は日曜( 6 月 5 日)朝 10 時に東京ハッカースペースで落ち合いました。Akiba から受け取った真新しい bGeigie ミニに電池などを手早く取り付けた後、多摩川方面へ自転車を走らせました。私達はまず目黒区を通り、そこでいったん止まり、スティーブが以前住んでいた等々力周辺の子どもの遊び場や学校を測定しました。

私達は続いて多摩川に向かいました。駒井町まで北上し、途中で野川と仙川を測定しました。

駒井町では、ジェフとミホ 、2 人の子どものタイガとジャスミンと落ち合いました。私達はジェフ達の家のバルコニーと近所の公園を測定しました。ここでは低い測定値が計測されました(空中の放射線レベルは 30 CPM で地面は 60 CPM 、つまり空中は毎時 0.1 マイクロシーベルトで地面は最大で毎時 0.2 マイクロシーベルト)。

その後、ジェフとミホの一家と一緒に多摩川へ戻り、他のスティーブの友人と会い、フリスビーやサッカーをして楽しい時間を過ごしました。スティーブはヨガを楽しみました(写真をご覧ください)。

最後に、行きとほぼ同じ道順で目黒区を通り、東京ハッカースペースに戻りました。今回の走行の最終的な地図はここで見ることができます。

View Post

In マップ, 論説 by Ed M Koziarski

私達が現在制作している、原発危機に直面する有機農家についてのドキュメンタリー「 Uncanny Terrain 」は、深刻な打撃を受けた福島第一原発から約 70 km  離れた山間の農村、福島県塙町から始まります。塙町は地震、津波、原発事故による最悪の事態はまぬがれました。私達がお会いした農家の方達のほとんどは、福島産の作物につきまとう悪いイメージが、農家にとって最大の障害となっていると見ています。この地域で採取された土壌サンプルからは 250 ベクレルのセシウム 134 、137 が検出されています。これは法的な作付け制限の対象となる 5,000 ベクレルには程遠い数字です。屋外の空気は大体において毎時 0.15 マイクロシーベルトを示しており、これは自然背景放射線より 50 %高い数字ですが、より原発に近い地域で計測される線量と比較するとごくわずかです。しかし、この空中線量よりはるかに高いホットスポットが存在します。私達がある家の前に設置された石を計測した際には、1,000 カウント・パー・ミニット( CPM )弱という数値が計測されました。このご家庭には1 歳のお子さんがいます。

私達は、この土地で 9 世代、200 年にわたり農業を営んでこられた、吉田家に滞在しています。吉田さんは農薬や化学肥料を使用しない高品質の米を生産し、海外の消費者やマクロビオティックレストランに提供しています。土壌から検出された汚染濃度は低かったものの、米が汚染されるか否かは、米を育て、収穫し、分析するまで明らかになりません。このため吉田さんは、注文はほぼゼロに落ち込んだものの、5 箇所の水田に作付けを行いました。吉田さんらはこの土地に残れるかどうか確信は持てませんが、ここを離れることができるかどうかも分からないといいます。家長の吉田広明さんは、作物を販売できないとしても自ら育てたものを食べて生きていけるよう、完全な自給自足のための農地に変えていけないかと話しています。

地域の農家の方達は、同様のジレンマに直面しています。避難区域外の農家は、作物に含まれる放射性物質が政府の設定した高い基準値を超えない限り、平常通り農業を続けるように言われています。しかし、ここに住み続けることで彼らにどのような健康リスクがあるのでしょうか。また法的に定められた基準値以下の食物はどのようなリスクをもたらすのでしょうか。…

View Post

塙町の農家

In マップ, 論説 by Ed M Koziarski

私達が現在制作している、原発危機に直面する有機農家についてのドキュメンタリー「 Uncanny Terrain 」は、深刻な打撃を受けた福島第一原発から約 70 km  離れた山間の農村、福島県塙町から始まります。塙町は地震、津波、原発事故による最悪の事態はまぬがれました。私達がお会いした農家の方達のほとんどは、福島産の作物につきまとう悪いイメージが、農家にとって最大の障害となっていると見ています。この地域で採取された土壌サンプルからは 250 ベクレルのセシウム 134 、137 が検出されています。これは法的な作付け制限の対象となる 5,000 ベクレルには程遠い数字です。屋外の空気は大体において毎時 0.15 マイクロシーベルトを示しており、これは自然背景放射線より 50 %高い数字ですが、より原発に近い地域で計測される線量と比較するとごくわずかです。しかし、この空中線量よりはるかに高いホットスポットが存在します。私達がある家の前に設置された石を計測した際には、1,000 カウント・パー・ミニット( CPM )弱という数値が計測されました。このご家庭には1 歳のお子さんがいます。

私達は、この土地で 9 世代、200 年にわたり農業を営んでこられた、吉田家に滞在しています。吉田さんは農薬や化学肥料を使用しない高品質の米を生産し、海外の消費者やマクロビオティックレストランに提供しています。土壌から検出された汚染濃度は低かったものの、米が汚染されるか否かは、米を育て、収穫し、分析するまで明らかになりません。このため吉田さんは、注文はほぼゼロに落ち込んだものの、5 箇所の水田に作付けを行いました。吉田さんらはこの土地に残れるかどうか確信は持てませんが、ここを離れることができるかどうかも分からないといいます。家長の吉田広明さんは、作物を販売できないとしても自ら育てたものを食べて生きていけるよう、完全な自給自足のための農地に変えていけないかと話しています。

地域の農家の方達は、同様のジレンマに直面しています。避難区域外の農家は、作物に含まれる放射性物質が政府の設定した高い基準値を超えない限り、平常通り農業を続けるように言われています。しかし、ここに住み続けることで彼らにどのような健康リスクがあるのでしょうか。また法的に定められた基準値以下の食物はどのようなリスクをもたらすのでしょうか。…

View Post

Safecast 、C-10 を訪問

In センサーネットワーク, 移動測定報告 by sean

先週、数人の Safecast チームメンバーで C-10 研究教育財団( C-10 Research and Education Foundation )を訪問する機会を得ました。C-10 は世界で最も長い歴史を持つ市民による放射線モニタリンググループの一つです。シーブルック原子力発電所(Seabrook Nuclear Power Plant )に近いマサチューセッツを拠点とするグループで、測定器のネットワークを確立し 20 年以上に渡りモニタリングを行ってきました。

私達は bGeigie を使用しボストンから C-10 事務所までの走行時に放射線を計測しました。結果は間もなくグローバルデータベースに追加する予定です。…

View Post

発見と検証

In 測定, 論説 by Dirk

地図:群馬大学 早川教授による。製図:萩原氏による。

私は茨城県との県境にほど近い、千葉県の北東に位置する我孫子市に住んでいる。…

View Post

東白川郡塙町の農家における測定値

In 測定, 論説 by Ed M Koziarski

今回の原発危機に直面する有機農家に関するドキュメンタリー「 Uncanny Terrain 」制作のため、梶野純子と私は 5 月 23 日にシカゴから福島に移動しました。途中東京に立ち寄り、Safecast の Pieter Franken さんからガイガーカウンター「 Inspector 」を受け取りました。この際、Pieter から使用方法を教わり、また測定値がバックグラウンド(背景)の放射線レベル(計測対象以外から放出される放射線レベル)を100 カウント・パー・ミニット( CPM )(毎時 0.3 マイクロシーベルト相当)上回った場合に計測対象は汚染されていると見なされるとの説明を受けました。

私達は避難区域から 40 km 離れた東白川郡塙町にある吉田さん一家のお宅に泊めていただいています。吉田さんの家族はこの土地で 9 世代、200 年にわたり農業を営んできました。塙町は地震、津波、原発事故による最悪の事態はまぬがれました。福島県による 4 月の報告によると、吉田さんの農地から 1 マイル( 1 マイルは約 1.6 km )離れた地点で採取された土のサンプルからは合計 250 ベクレルのセシウム 134 、137 …

View Post

福島市訪問( 2011 年 6 月 1 日)

In マップ, 測定, 論説 by kenji

1. はじめに

2011年6月1日(水)、Safecast から託された 2台のガイガーカウンタ (International Medcom 社 CRM-100 および Inspector Alert) を持って、「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の代表を務めていらっしゃる中手さんにお会いするために、福島市を訪ねました。この記事は、その記録です。

2. 新幹線にて

東京から新幹線「つばさ」で福島を目指しながら、参考までにと思い、たまに車内の放射線レベルを測定しました。宇都宮駅 (停車中) では 0.12μSv/h だった放射線レベルが、郡山に近づくと 0.42μSv/h になり、郡山駅 (停車中) では 0.56μSv/h を記録しました。郡山-福島間では 0.51μSv/h でした。

車内で、走行中にも関わらず高い放射線を検出できることが分かったので、帰りには、より細かに測定を行うことにしました。福島県による児童福祉施設等の放射線モニタリング調査結果をマップした際 ( http://goo.gl/UoMdZ )、県境を越えて放射線管理区域レベル以上の場所が広がっていることは推定できたのですが、福島県外には同様のデータが無いので、どこまで広がっているのか、その境界が分かりません (とそのときは思っていましたが、データはあったようです)。新幹線で南下しながら測定を行うことで、その境界がどこにあるか、当たりが付けられると考えたのです (結果は下の「5. まとめ」に書いています)。

福島市では、いろいろと驚くことがあったのですが、新幹線が福島駅に到着し、そこで降りた人々の服装が普通だったことにまず驚きました。ほとんどの人はマスクをしておらず、中にはTシャツに短パンの男性もいました。私はと言えば、マスクに帽子、長袖でなるべく放射性物質の付着を防げるように滑らかな素材の服を着ていました。

福島駅の新幹線プラットフォームでは、高所にも関わらず 0.58μSv/h が観測されました。

3.

View Post

郡山と千葉をセーフキャスティング

In ニュース by sean

先日掲載しましたビデオの中でご覧いただいたかもしれませんが、私達は千葉のホットスポットおよび現地の汚染の一部を調査しました。私達は必要に応じてより詳細な調査ができるよう、SAM 940 放射性同位体識別装置およびガイガーカウンター用のフィルターを所有しています。

調査の結果、水や雨では容易に溶けないと考えられる(未だ洗い流されていないため)薄い放射性物質の層で様々な場所が覆われていることが分かりました。この層は車のタイヤには容易に固着しないと考えられます(郡山を 1 日走行した後も増加が計測されなかったため)。またこの層からはガンマ線のほか高いアルファ線、ベータ線が検出されました。この層は木材、コンクリート、鉄の表面に固着しており、この表面部分で最も強い放射線が出ていました。土壌では、放射性物質は地表 2 ~ 3 cm に浸透した可能性があり、土によるアルファ線の遮断のため、土の表面での計測値は、アスファルトやコンクリート表面の計測値より低い値でした。郡山のいくつかの場所で見たように、表土を数センチ取り除くことにより放射線レベルは 80 %程度下がると考えられます。また、この放射性物質の薄い層は雨により沈着したわけではないと考えられます。というのも、この層が付いているのは露天状態の表面のみだからです。例えば、コンクリートの頂部はこの層で覆われている一方、側面からは検出されませんでした(もし雨によるものならば側面にも固着したと考えられます)。また雨が滴り落ちると考えられる庭のテーブル下のスペースでも検出されませんでした。雨や雪で積もったというよりも、まるで辺りに放射性物質が一瞬浴びせられたような分布の仕方です。木のテーブルをブラシと水でゴシゴシ洗うと、放射性物質は 50 %取り除くことができ、サンドペーパーを使用すると、80 %取り除くことができました(もしくはそれ以上。空気中の放射線レベルと同様の値となったため)。

郡山では、今後計測し続けるための定置測定器も設置しました。一日の作業を撮影した写真をいくつか下に掲載いたします。

View Post

5 月 29 日時点の Safecast 走行

In マップ by sean

safecast

慶應義塾大学のチームによる「 Scanning The Earth 」プロジェクトでは、私達がモバイル放射線計測で収集したデータ計測地点一つ一つを全て 1 つの地図に集約しました。ここには走行全体の拡大・縮小版の JPG ファイルおよび、Google Earth kml ファイルがアップされています。これらをダウンロードして結果を閲覧いただくことが可能です。これら全てを合わせるとかなりよい出来となっています。…

View Post

会津をセーフキャスティング

In ニュース by sean

5 月 22 日、Safecast チームメンバーであるヨシノヒロシさんと Pieter Franken は、放射線レベル計測のために bGeigie を携えて会津を走行しました。記録された測定値は全体的に低く、これは地域住民の方にとってはとてもいい知らせです。チームは、この地域で子ども達を守るために結成されたお母さん方で作るボランティアグループのうちの 1 つとお会いしました。私達はKickstarter キャンペーンを通して調達した最初の CRM100 測定器を、会津にあるこれらのグループの 1 つにお渡ししました。このグループは今後定期的に測定値を Safecast にアップロードして下さることになります。現地で撮影した走行と測定値の写真をいくつか下に掲載いたします。

View Post

新しい改良型bGeigie「bGeigie忍者」

In ニュース by sean

最初の bGeigie は、内蔵された放射線測定器をノート PC と GPS 装置に接続し、これらを通してデータをログに記録するよう設計されました。このシステムはうまく機能しましたが、多くの機材を必要としました。東京ハッカースペースにて、Akiba は自社 Freaklabs のために測定器用の基盤設計に取り組んできました。この設計では、GPS が搭載され、SD カードに直接データを保存するため、外付けのノート PC や位置確認装置を必要としません。Pieter がこの基盤を使い、内蔵型で電源内蔵タイプの装置をいくつか製造しました。これを「 bGeigie 忍者」と呼んでいます。組み立て工程の写真をいくつか下に掲載します。

View Post

放射線測定の実験

In 放射線 by sean

私達が日本で採用している放射線測定方法とフィルタリング方法のいくつかを、SafecastのチームメンバーであるKalin KozhuharovとPieter Frankenが千葉県市川市内で説明している短いビデオをここに掲載します。ビデオは約20分ですが、これらの方法がどのように機能するかを多数の例を挙げながら説明しています。

View Post

慶應大とセーフキャスティング

In 放射線, 移動測定報告 by sean

ご存じのように、私達は慶應義塾大学のチームと活動してきており、先日私達のbGeigieモバイル測定器一式を同チームに提供しました。慶應チームは、数日間に渡り福島市、飯舘村、南相馬市を走行し、放射線レベルを記録するとともに、被害の様子や周辺の写真撮影をしました。これらの測定値を示した地図はここで見ることができます。地図上の点だけでなく、もう少しお見せできればと思いますので、同チームが撮影した写真と、計測作業の舞台裏を撮影した写真を下に掲載します。

 

View Post

いわきをセーフキャスティング

In 移動測定報告 by sean

Pieter

Iwaki

ご存じのように、東京を拠点とするボランティアのチームはここ数週間、放射線データを測定、記録するためにモバイルbGeigie装置を持参して東北へ定期的に走行してきました。皆様にこれらの走行の舞台裏をもう少しお見せするために、福島県いわき市を最近走行した際の写真をいくつか掲載します。

上:Safecastの共同創設者で、日本での活動のリーダーであるPieter Franken。International Medcom提供の測定器を使用して作製された2台のbGeigieとともにTokyo Hackerspaceの前にて。下のリンクをクリックすると記事の続きが読めます。

 …

View Post

bGeigie の製作現場

In 主要記事 by sean

bGeigie4

先月、私達が愛情をこめてbGeigieと呼んでいる機器について説明しました。bGeigieは最初のモバイル走行のために考え出され先週の一連の走行用に複製されました。「b」は「Bento(弁当)」の「b」です。小さなかわいいボックスの中に機器を詰め込んでいるため、ふさわしい名称だと考えました。これらのシステム製作のほとんどは、私達の友であるTokyo Hackerspaceが場所を提供し手を貸して下さることで実現しています。その舞台裏を見ていただければと思い、製作現場の写真をいくつか掲載いたします。リンクをクリックするとこの記事の続きが読めます。…

View Post

Kiki さんによるボランティア報告

In センサーネットワーク, 移動測定報告 by sean

RDTN Probe 0010 Japan

[私達は田中さん(Kiki)から、測定をお手伝いいただけるとの連絡を受けました。Kikiさんのためにガイガーカウンターを用意し使用方法を説明し、結果を報告いただくようお願いしました。Kikiさんからの報告第一弾を掲載します。]

2011年5月8日
初めまして。田中です。
今回、東北に行くのは別の用事だったのですが、どうせ福島を通りぬけるのであれば、と思い、計測に協力させてもらえないかと打診をしました。
新幹線に乗って東京―花巻間を計測しましたが、やはり、福島市に近づくほど数値があがり、その後は徐々に減少しているという感じでした。計測結果はここにあります
新幹線で移動中の計測&アップロードだったので、GPSの位置特定ができなかった部分もあります。
しかし、おおむね福島市をピークにして近づくに連れて徐々に数値を上げ、その後は数値は下がっていきました。

明日は岩手の海岸線を計測します。

田中響子(Kiki)

RDTN Probe 0010 Japan

2011年5月9日
岩手県大槌町に来ました。津波の壊滅的な被害を受けたことで有名な町です。実際に目で見てみると、被害のすごさに驚きました。
町全体がなくなって、建物はほとんど残っていません。いたるところにひっくり返った車や船が転がっていました。
大槌町は福島第一から150キロメートル以上離れたところにあることと、福島より北に位置していることから、数値はそれほど高くはないかと思っていたのですが、思った以上に高く、0.2~0.3マイクロシーベルト/毎時の値が出ていました。
このデバイスで海水でも数値が出せるのか、わからなかったのですが、とりあえず、海水でも測ってみようと思い、海水に浸っていた木片を引っ張りあげて測ってみました。記録はここで見れます

 

RDTN Probe 0010 Japan

2011年5月10日
岩手県遠野から釜石へ移動でした。
前の晩に相当の雨が降ったので、朝一番で土を測定しました。
数値は0.270マイクロシーベルト/毎時でした。
空気が0.145マイクロシーベルト/毎時だったので、雨に放射線物質が含まれていたと思われます。ちなみに、風は南西から北東に吹いていました。
その後、釜石に移動しました。釜石は前日に行った大槌の南に位置しますので、地理上ではそれほど、第一からの距離は変わりません。
空気を何度か測定してみましたが、0.200マイクロシーベルト/毎時の辺りを示していました。…

View Post

In ニュース, 放射線 by sean

radiation-map

最近実施された米国と日本の共同調査によると、原子力発電所からの距離に基づく避難は最適な方法ではないことが明らかになりました。この調査では放射性粒子が風に運ばれ北西に広がった可能性が裏付けられ、既に避難が実施された警戒区域を越えて高い値を示しており、逆に警戒区域内でも南西には比較的低い地域があります。最も懸念される驚くべき実態としては、警戒区域外の飯舘村と浪江町の一部において1986年のチェルノブイリ原発事故で避難が実施された地域以上の汚染レベルとなっていることです。これらの調査は実際に地上で測定したのではなく、ヘリコプターと航空機に取り付けられたセンサーを使用して測定した値だということにも注目すべきでしょう。Japan Probe、NHK World、asahi.comにも詳細が掲載されています。

また、Safecastのボランティアが一部訳を加えた報告書内の地図をこちらで見ることができます(PDFファイル)。…

View Post

In 移動測定報告 by sean

[私達の活動の一環として、測定値を計測し報告していただくことを条件に、外部ボランティアの方々に機材をお渡ししてきました。このうちモバイルbGeigieセットの一つは、慶応義塾大学のチームにお渡ししました。以下に、慶應義塾大学の古谷知之氏による調査結果の報告をゲスト寄稿として掲載いたします。]

2011年5月5日(木)〜7日(土)の日程で、福島県北部(福島市・川俣町・飯舘村・南相馬市)における調査の一貫として、プローブカーによる放射線量調査を実施しました。調査方法及び結果は、すでに本サイトのブログで公開しているとおりです。グーグルアースのkmzファイルは[ここ]からダウンロード可能です。

Radiation dose survey results via probe cars

5/1-5/7の放射線量調査結果(北部を横断した軌跡が今回の調査ルート

今回の調査における主な立ち寄り先は以下の通りです。
福島市:JR福島駅周辺、高湯温泉、土湯温泉、JA新ふくしま
川俣町:川俣南小学校、臼石小学校、川俣町体育館
飯舘村:飯舘村役場
南相馬市:南相馬市役所、石上第一小学校、JR南相馬駅、JR磐城太田駅、原町火力発電所、大内振興化学(20km圏境界)、ドライブイン花園(20km圏境界)、馬事公苑、鉄山ダム(20km圏境界)
*大内振興化学は会社入口が丁度20km圏境界にあるため、立ち入り禁止地点は会社入り口を少し過ぎたところに設定されています。

今回モニタリングしたデータは時間的・空間的に限られたデータにすぎません。そのことを理解した上で、kmzファイルをGoogle Earth上でみてみると、グローバルなホットスポットだけでなく、ローカルなホットスポットがいくつか発見できます。ローカルなホットスポットは、地形や風の影響などで形成されているようです。また数100メートルの差で、放射線量が大きく異なる場所があることもわかります。

Center of Fukushima city

福島市中心部

Center of Minami-Soma city

南相馬市中央部

こうしたデータを公表することに、様々なご意見があることは承知しています。しかしながら、モバイルセンシング技術と空間情報科学とを活用することで、様々な対応がきめ細かにできるようになるではないかと考えています。

主な立ち寄り地点における地表面の放射線量データ計測結果については、別のブログで報告したいと思います。…

View Post

In センサーネットワーク by sean

kickstarter

皆様本当にありがとうございました。ご覧のように、kickstarterを使った資金集めは今週末終了し、600人以上の皆様からの寄付は目標の33,000ドルを超える額となりました。これは本当に驚くべきことです。寄付してくださった皆様、このプロジェクトについて周りの人に知らせてくださった皆様、ありがとうございます。このことについては近いうちにさらに詳細をお知らせします。

 …

View Post

bGeigie in motion – mobile radiation readings

In 放射線, 移動測定報告 by sean

先月、bGeigieのコンセプトに関する記事に書いたように、bGeigieは2台のガイガーカウンターを車に取り付けGPS機器とノートPCにつなぎ、地方を走行しながら各地点のログを記録していくものです。いくつかの走行を終了しデータを地図に落としましたので、もう少し分かりやすくなったかと思います。各地図をクリックするとそれぞれのページに移動し、拡大可能な地図を見ることができます。こちらは東京をテスト走行したものです。

Tokyo

こちらは先日の記事に書きました郡山への走行です。

Koriyama

こちらはいわきです。

Iwaki

こちらは郡山での追跡調査と広野への走行です。

Koriyama - Hirono

こちらは須賀川市です。

Sukagawa City

私達はbGeigie装置を慶應義塾大学のチームにも渡しました。こちらは慶應チームが行った3度にわたる走行で収集した測定値です。

Keio team