Safecast on GitHub

In ニュース by sean


SAFECASTでは、チーム内でのコード管理と同期をとるために、GitHubを利用していますが、たいていは小規模の非公開リポジトリ(ソースコード管理ようのディレクトリー)となっています。本日晴れてお知らせしたいことは、SAFECASTが「TeamData」のリポジトリを変更したということです。APIやデータのアップロード・エキスポートするコードを管理するリポジトリとして公開しました。これにより、誰でも私達の取り組みに飛び入り参加し、私達の取り組み方を見、変更を提言したり、課題を解決し、あるいは自分たち独自のプロジェクト用に私達のコードをフォーク(gitなどのソース管理用語:分岐)することができるのです。
SAFECASTが、全てのものをオープンソース化することを強く支持していることは目新しいことではありません。私達は喜んでオープン化し、コミュニティからのフィードバックを興奮して待っています。
もし、ご支援いただけるのでしたら、お気軽に未解決課題一覧をご確認ください。

翻訳:Toshiyuki Arai